【IT系の格差】2017年度版 プログラミング言語別の平均年収ランキング の記事

【IT系の格差】2017年度版 プログラミング言語別の平均年収ランキングの記事ページです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

【IT系の格差】2017年度版 プログラミング言語別の平均年収ランキング

プログラミング言語別の日本とアメリカでの平均年収のまとめです。

同僚や知人でサンノゼやマウンテンビューといった、いわゆるシリコンバレーで働く方たちは軒並み日本円換算で1000万は軽く超えていることを鑑みると、日本のプログラマーの年収はやはり低く抑えられてしまっていますね…。

日本国内においてロジックを組み立てられるプログラマー軽視はいつまで続くのでしょうか(単純コーダーは除く)。


プログラミング別の日本とアメリカでの年収の比較表


日本での年収は平均値、アメリカでの年収は中央値となっているため単純比較にはなっていませんが参考になります。

言語名 日本での年収(平均値) アメリカでの年収(中央値) 日本との差
Scala626万円1262万円636万円
Python601万円980万円379万円
Kotlin577万円-万円-万円
Swift562万円-万円-万円
Ruby562万円918万円356万円
Java552万円1020万円468万円
Perl551万円995万円444万円
C言語538万円854万円316万円
JavaScript536万円875万円339万円
PHP522万円835万円313万円


プログラミング別の日本とアメリカでの年収の比較表

アルゴリズム・ロジックを組み立てられる、設計のできるプログラマーの方は、サンデープログラマーにも満たない趣味プログラマーな身としては非常に尊敬しています。

当然もっと高い報酬をぶんどるべきだとは思いますが…、安く買い叩かれている自覚のある方は外資系への転職を視野に入れておいた方がいいかもしれません。
人気の外資系企業ランキングのまとめ

過去記事はコチラ
プログラミング言語別の平均年収ランキング

関連記事はコチラ
[年度別] IT業界の就職偏差値ランキングのまとめ一覧
IT業界総合の就職偏差値ランキング
刑務所とIT土方の比較
一目で分かる「IT業界とは?」への秀逸な解答
世界を代表するIT企業の『従業員1名が1年のうちに稼ぎだす収益額』が凄すぎる!

スポンサードリンク

(上記はアマゾンアソシエイトリンクを利用しています。)

おすすめ関連記事

[ 免責事項・お問い合わせはコチラ ]
Copyright © 2017 就職偏差値ランキング委員会 All Rights Reserved