【平均年収6000万】ゴールドマンサックスの入社試験問題 の記事

【平均年収6000万】ゴールドマンサックスの入社試験問題の記事ページです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

【平均年収6000万】ゴールドマンサックスの入社試験問題

ゴールドマンサックスの有名な入社試験の問題です(年度は不明)。

あなたは旅の途中、草原を歩いていると2つの扉を見つけました。

それぞれの扉の前にはライオンが一頭ずつ座っておりました。傍らに立てられた札にはこう書かれています。

『片方の扉は、あなたを新しい世界へ導くだろう。しかし、もう一方の扉を開けば、たちまち旅の始まりに逆戻りするだろう。

二頭のライオンは「はい」か「いいえ」でしか答えることができない。また、見た目は全く同じだが、一頭は真実しか語らず、もう片方は嘘しか語らない。

あなたはどちらのライオンに何と質問をすれば、新しい世界への扉を開くことができるだろうか。ただし、あなたが質問してもよい回数はただ一度だけである。』



この問題が印刷されたDMが就活時期に自宅に届いた思い出がありますが、当時、小一時間考えてみても分かりませんでした…。


以下、解答になります。


あなたは一方の扉を指して、その扉の前のライオンに次のように尋ねればよい。


ライオンよ、あなたは”こちらが新しい世界へ続く扉か?”と聞かれたら、”はい。”と答えますか?


真実を語るライオンであれ、嘘しか語らないライオンであれ、新しい世界への扉の前に座っていれば、“はい”と答えるし、旅の始まりへ逆戻りする扉の前に座っていれば、“いいえ”と答える。

よって、あなたはライオンが“はい”と答えれば、その扉に進めば良いし、“いいえ”と答えれば、逆の扉に進めば良いのである。


上記のロジックを導くために以下の4通りについて考える必要がある。


★ case1-1: 新しい世界への扉を指して、真実を語るライオンに聞いた場合。

真実を語るライオンは、新しい世界へ続く扉の前に座っているので、“はい”と答えるはず。よってあなたに聞かれた問いの解答も“はい”である。

★ case1-2: 新しい世界への扉を目指して、嘘を語るライオンに聞いた場合。

このライオンは嘘しか言わないので、“いいえ”と答えるはず。しかし、「はいと答えますか」という問いに対しても嘘をつかなくてはならないので、ライオンは“はい”と答えるのである。

★ case2-1: 旅の始まりへ逆戻りする扉を目指して、真実を語るライオンに聞いた場合。

真実を語るライオンは、“いいえ”と答えるはず。「はいと答えますか」という問いに対する答えも“いいえ”である。

★ case2-2: 旅の始まりへ逆戻りする扉を目指して、嘘を語るライオンに聞いた場合。

嘘つきのライオンは、通常なら“はい”と答えるはず。しかし、「はいと答えますか」という問いに対しても嘘をつかなくてはならないので、ライオンは“いいえ”と答えざるを得ないのである。



いかがでしたか?

この問題がサラッと解けるようでしたらGSへエントリーしてみてはいかがでしょうか。

アップルの入社試験に挑戦…、簡単なようで難しい
【10秒で解ければ内定!?】インテルの入社試験

スポンサードリンク

(上記はアマゾンアソシエイトリンクを利用しています。)

おすすめ関連記事

[ 免責事項・お問い合わせはコチラ ]
Copyright © 2017 就職偏差値ランキング委員会 All Rights Reserved