説明会や面接で採用担当官に嫌われる9つのNG質問集 の記事

説明会や面接で採用担当官に嫌われる9つのNG質問集の記事ページです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

説明会や面接で採用担当官に嫌われる9つのNG質問集

各業界の面接や説明会で採用担当者が嫌うNGな質問集という記事が面白かったので紹介します。

記事に従うならば、「これじゃ、もう何も聞くことなくない?」という結論に達してしまいそうですが…。

さて、このNG質問集の記事の信憑性は甚だ低いものですので、くれぐれも真に受けて本番で萎縮しないでくださいね!


説明会や面接で採用担当官に嫌われる9つのNG質問集


前々から述べていることですが、企業の採用担当官なんてはっきりいって9割9分の方は社会的役割を会社から与えられているだけのサラリーマンであって、人を見る目なんてまずありませんし、ただのド素人です。人を見るプロでもなんでもありません。

就活生も企業の採用担当官も、お互い尊大にならず、フェアに接しあっていきたいものですね…。というわけで、以下、9つのNG質問集です。

9位 面接官個人への意図不明な質問

  • 入社した動機は何でしたか?→「面接官の志望動機に左右される志望者という印象」(機械メーカーの人事担当者)を与える
  • ご自分を動物にたとえると何ですか→「質問の意図が読めない」(メーカー)
  • また、ある食品関係の人事担当者は、「辞めようと思ったことはありますか」という質問を受け閉口したという

「志望動機」や「辞めようと思ったこと」なんかは、人それぞれ理由は千差万別というやつですので、面接官個人へ聞いても仕方のない質問かなと個人的には共感できます。


8位 説明会や面接で話したことを再度聞く

  • 「話を聞いておらず、同じことを聞いたり、ネガティブな姿勢での質問は感心しません」(製薬)
  • 「説明会終盤の質疑応答の際に『御社の強みと弱みを教えてください』と言う質問はマイナス評価です。その時点までの説明で『強み』『弱み』と言うワードを用いていなくても、優位性や課題などは解説していますので、何も聞いていなかったのかと感じます」(繊維)

説明会での企業説明って眠くなりますもんね…。


7位 何も興味を示さない

  • 「最後に『何か質問はありますか?』と促して、『特にありません』という回答は、当社に興味がなさそうに感じる」(機械)
  • 「『質問はありません』と言われることがもっともマイナス」(運輸)

「最後に質問はありますか?」に対しては参考までにこちらをどうぞ。
大学別平均年収ランキングと、身も蓋もない就活の話


6位 フィードバックを求める質問

  • 「『次の面接に活かしたいので、本日の面接のフィードバックをいただけませんでしょうか』という質問。一見、前向きな質問にも聞こえるが、この面接はしょせん練習だったのか、と残念に思ってしまうこともある」(製薬)

ん~、これはケースバイケースかなと思えます。この質問をテンプレのようにする人があまりに多く、鬱陶しいというのが本音なのではないでしょうか。


5位 あからさまな自己PR

  • 「自分のアピールとしか思えない(本当に聴きたいわけじゃない)」(製薬)
  • 「何か印象に残るためにするような中身のない質問(取ってつけたような質問)」(電機)
  • 「過剰な自己PR」(食品)
  • 「自分をよく見せようとする質問」(自動車関連)

人の話を聞かなかったり、遮ってまでする過剰な自己PRはNGだとは思いますが、そもそも面接の場は自己PRをし企業側の要求と摺合せをしていく場です。やりすぎはもちろんNGですが、採用されるため必死に考えて自己PRへ繋げていくことは何の問題もないように思えますが、いかがなのでしょうか。


4位 漫然とした質問や意図がわからない質問

  • 「『この会社どうですか?』などのざっくりすぎる質問」(流通)
  • 「『御社の今後の方針を教えてください』といった、何も予備知識がないと出る質問」(印刷)
  • 「『それを聞いてどうするの?』という質問の意図がわからない質問。入社意欲がないと判断される」(情報)

ざっくり質問に対しては、答える側にもそれ相応の能力が要求されるので、面倒くさいのでしょう…。


3位 教育メニューやキャリアアップ、ロールモデルを聞く

  • 「『自分を成長させてくれる研修等はありますか?』は受け身的な質問と感じる」(情報・通信)
  • 「『貴社ではキャリアアップをどのようにお考えでしょうか』は、すべてを会社がしてくれる受動的な質問に聞こえます。企業説明会で聞く質問として教えられているのかもしれませんが、本人がどのような意図を持って聞いているのか、疑問に感じることがあります」(製薬)

う~ん、これは質問の聞き方次第といった気がします…。個人的には完全な年功序列とかでもない限り、キャリアアップに関しては配属される部署やPJといった運要素に非常に大きく左右されますので、あまり会社としてのキャリアアップやロールモデルなんかは聞いても仕方がないかなという気がします。


2位 HPをみればわかることを質問する

  • 「会社概要や給与、福利厚生など、書面やウェブサイトで情報提供している事を改めて質問されると、がっかりします」(物流)
  • 「就職サイトに掲載しているレベルの内容の質問だと、そんなにうちの志望度は高くないのだなと判断します。例えば給与とか休日とか」(食品)
  • 「就活サイトなどを少し探せば載っているような内容についての質問でも、それについて、深く掘り下げる質問であれば問題なし」(商社)

説明会段階だとこれ系は多く見受けられるのではないでしょうか…。質問をすることが自己PRに繋がるという勘違いからなのか、質問するために質問してるかのような…。志望度が高ければ会社HPや採用HPは事前にくまなく目を通しているはずというのは自分もそうだっただけに、分かる気がします。


1位 休日・福利厚生・賃金や残業に関する質問

  • 「残業や休日のこと、福利厚生の事ばかり聞かれると営業は、無理だと思う」(不動産)
  • 「条件面ばかりを気にした質問は、受け手としては印象がよくない」(情報)
  • 「休みのことや残業時間の質問は、働く意欲があるとは思えない」(機械)

労働環境や条件はめちゃくちゃ大事なことなんですがね、、、日系企業の新卒採用面接の場においては、なぜか聞いてはいけない空気感が漂っているのは残念ながらなんとなく分かります…。転職時には聞かない、交渉しないなんてことはありえないことだと思うんですが、なぜか新卒採用の場では一番知りたいことであるはずなのに聞きにくいですよね…。


以上、「これでは、もう何も聞くことがないのですが、どうしたらいいのでしょうか?」と質問を投げかけたくなるような記事でした。

スポンサードリンク

(上記はアマゾンアソシエイトリンクを利用しています。)

おすすめ関連記事

[ 免責事項・お問い合わせはコチラ ]
Copyright © 2017 就職偏差値ランキング委員会 All Rights Reserved