就活生にはあまり馴染みがないかもしれない超優良なB2B企業の一覧 の記事

就活生にはあまり馴染みがないかもしれない超優良なB2B企業の一覧の記事ページです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

就活生にはあまり馴染みがないかもしれない超優良なB2B企業の一覧

就活生にはあまり馴染みがないかもしれないB2Bな優良企業の一覧です。

基本的にこれらの企業は、就職人気企業ランキングといった類のものに名を連ねることは滅多にありませんので隠れ優良企業となるのかもしれません。

振り返ってみると、会社の知名度で得をするなんてことは、新卒入社して3年目あたりまでの合コンや同窓会でミーハーな方々にちやほやされるくらいではないでしょうか。

そんな時期を過ぎ去ってしまえば、B2B系大手企業の質実剛健さというか安定感、福利厚生を含めた待遇の良さといった面が羨ましくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

というわけで、就活生にはあまり馴染みがないかもしれない超優良なB2B企業のまとめの紹介です。

荏原製作所
ポンプ・タービン等の風水力機械、浄水設備・排水処理装置等の環境装置・設備等を製造する総合メーカー企業で世界トップクラスの技術力を誇る。

設立 1920年
売上 4862億円
利益 380億円

採用数 55名
3年後離職率 1.8%
平均年収 707万円(機械業界:30位/218社


SMC
空気圧機器の世界でトップシェアを誇る総合メーカー。国内で過半のシェアをおさえ。海外展開も進んでいる。
設立 1959年
売上 4756億円
利益 1292億円

採用数 110名
3年後離職率 2.7%
平均年収 713万円(機械業界:27位/218社)


トクヤマ
日本の大手総合化学工業メーカー。近年は事業の多角化を進め、石油化学全般の様々な分野に力を入れている。中でも高純度ポリシリコンは世界第二位の生産量。
設立 1918年
売上 3071億円
利益 177億円

採用数 46名
3年後離職率 0%
平均年収 626万円(化学業界:105位/211社)


豊田自動織機
フォークリフトをはじめとする産業車両へ物流システム機器を扱っている。また、トヨタ自動車は豊田自動織機の自動車部門から独立したもので、トヨタ自動車を含むトヨタグループ各社の事実上の親会社。
設立 1926年
売上 2兆2289億円
利益 1853億円

採用数 145名
3年後離職率 1.4%
平均年収 774万円(輸送用機器業界:6位/97社)


日本電設工業
JR東日本グループの鉄道電気工事を主とした総合電機工事会社。
設立 1942年
売上 1742億円
利益 154億円

採用数 92名
3年後離職率 2.2%
平均年収 695万円(建設業業界:54位/166社)


NOK
自動車部品、電子部品等を製造・販売する総合部品メーカーでオイルシール・Oリング・フレキシブルサーキット・パッキン・アキュムレータ等の製造販売を手掛けている。
設立 1939年
売上 7462億円
利益 537億円

採用数 60名
3年後離職率 1.7%
平均年収 715万円(輸送用機器業界:10位/97社)


信越化学工業
日本の化学メーカー。塩ビとウエハでは世界シェア首位。化学セクタでは最大の時価総額を誇る企業でもある。製品では業界内でシェアが高いものが多い。
設立 1926年
売上 1兆2798億円
利益 2200億円

採用数 62名
3年後離職率 1.6%
平均年収 836万円(化学業界:7位/216社)


コマツ
建設機械の日本でのシェアは1位、世界2位。グローバル化にいち早く手を付けた企業としても知られている。
設立 1921年
売上 1兆8550億円
利益 2049億円

採用数 263名
3年後離職率 2.3%
平均年収 719万円(機械業界:25位/218社)


日揮
日本の建設会社、エンジニアリング会社。日揮は東洋エンジニアリング、千代田化工建設と共に「エンジニアリング御三家」のトップを走る名門企業。
設立 1928年
売上 8800億円
利益 521億円

採用数 69名
3年後離職率 0%
平均年収 989万円(建設業界:2位/166社)


ま、実際に入ってみないと本人にとってホワイト企業かどうかなんてのは分かりっこないんですけどね~。

スポンサードリンク

(上記はアマゾンアソシエイトリンクを利用しています。)

おすすめ関連記事

[ 免責事項・お問い合わせはコチラ ]
Copyright © 2017 就職偏差値ランキング委員会 All Rights Reserved