30歳で年収1000万円超えを狙える企業一覧 の記事

30歳で年収1000万円超えを狙える企業一覧の記事ページです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

30歳で年収1000万円超えを狙える企業一覧

「30歳で年収1000万円を狙える企業」がヴォーカーズから発表されました。

友人・知人が実際に勤めている企業ばかりですので、なんとなくの信憑性は分かるのですが、「じゃ、実際のところどうなのよ?」は就活生の皆さまが社会に出てからのお楽しみということで。

1つ確かだと言えることは年収に関しては『GSは別格』です。GS勤めだった1つ上の先輩(GS卒業済み)は夜な夜なランボルギーニをぶん回しています。

業界 企業 口コミ
広告博報堂 電通30歳で1000万円は超える。35歳ぐらいで平均して1200万円程度(博報堂)
テレビ局日本テレビ テレビ朝日 フジテレビ 朝日放送 関西テレビ新卒で年収900万円前後。20代中盤~後半で1000万円前後。月収は普通だがボーナスが高額(テレビ朝日)
総合商社三井物産 伊藤忠商事 住友商事 丸紅 三菱商事30歳で役職なしでも年収1000万円。年功序列、海外勤務の有無は給与に関与する(三井物産)
銀行・保険東京海上日動火災保険 みずほ銀行 三井住友銀行 三菱東京UFJ30歳課長代理で約1000万円に到達。長年勤めるのであれば最高の給与水準(東京海上日動火災)
投資・証券ゴールドマンサックス GCAサヴィアン 日本M&A 野村証券 メリルリンチ日本証券 新卒入社6年目、30歳アソシエイトで年収3000万円+(GS)
ITグーグル シスコシステムズ29歳営業で1000万円+。恵まれすぎている福利厚生を考えると非常に良い(グーグル)
メーカーP&G キーエンス30歳の課長クラスで1000万円(P&G)
シンクタンク・コンサル野村総合研究所 アクセンチュア BCG マッキンゼー院卒新卒1年目で年収400万円。6年目の30歳で賞与含めて年収1000万円程度(野村総合研究所)

ま、サラリーマンの1つの壁である年収1000万円越え前後ですと、そうした環境に身を置いている方にとっては本当にゴロゴロいて珍しくもなんともありませんし、よく言われていることですがちょっとした一般的な贅沢をたまにできる程度のリッチ感しかありません。

一般的には、そのちょっとしたリッチ感とトレードオフに激務やプレッシャーがついてくるわけですが…、それが幸せかどうかは個々人の価値観に基づいた判断次第ですね。

上記の企業の中には激務どころか、かなり楽な上に年収も30歳前後で2000万前後まで到達する企業も実際にあります。2000万、3000万あたりになるとまた少しステージが変わってきます。特に3000万に迫るといった方は基本はもう会社員ではありませんし…。


個人的には会社員でしたら年収500万円前後を確保できていれば、十分贅沢もできますし貯金も積み立てていけるので、これ以上はあるに越したことはないけど…といった感じです。あとはお金ではなく納得感のある生活スタイルを送れるかどうかの方が人生の幸福度においてははるかに大事な気がしています。

40歳までに年収1000万円を超える企業一覧

スポンサードリンク

(上記はアマゾンアソシエイトリンクを利用しています。)

おすすめ関連記事

[ 免責事項・お問い合わせはコチラ ]
Copyright © 2017 就職偏差値ランキング委員会 All Rights Reserved