大学1、2年生が就職したい企業と理想の年収が…やけに現実的!? の記事

大学1、2年生が就職したい企業と理想の年収が…やけに現実的!?の記事ページです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

大学1、2年生が就職したい企業と理想の年収が…やけに現実的!?

大学1, 2年生が就職したい企業と理想の年収をリスクモンスターが調査・発表していたので紹介します。

大学1, 2年生が就職したい企業は?


上の世代を見てきているからなのでしょうね…。安定を重視する傾向は一層強くなっている気がします。よってもって地方公務員は相変わらずの人気っぷりです。

  • 1位「地方公務員」(9.0%)
  • 2位「国家公務員」(6.5%)
  • 3位「全日本空輸」(3.8%)
  • 4位「森永乳業」「日本航空」(3.4%)
  • 5位「タニタ」「任天堂」「東日本旅客鉄道」(3.1%)
  • 6位「講談社」「西日本旅客鉄道」(2.7%)

大学1, 2年生のうちはまだ就活は先の話ですので、身の丈に合わない理想を掲げてもよさそうなものですが、現状は大学1,2年生のうちからしっかりと堅実な将来設計を見据えている様子が伺えます。

一生の仕事を「公務員にするのね…」と若干思うところはありますが、否定的な気持ちにはなれません。若い世代になればなるほど生きづらい不安定な時代に突入していますし…。

大学1, 2年生が就職したい企業

大学1, 2年生の理想の年収は?


最低限実現したい生涯の最高年収の調査もしたそうです。

大学1, 2年生の理想の年収

なんとまぁ随分謙虚というか、非常に現実的な数字です。実際多くの方は400~700万円あたりに落ち着くと思われますので、大学1,2年生にしてはずいぶん現実を見据えているなという印象です。

個人的にはホワイト環境であれば年収500万円もあれば十分贅沢もできますし、人生も楽しめると考えていますので、このアンケート結果のボリュームゾーンの方々と近い考え方なのかもしれません。

高度なスキルを必要としたり、プレッシャーがきつかったり、激しい自己PRが必要であったり、人間関係が無駄にギスギスしていたり、日々競争であったり、ガチの成果主義やらがあったりといったような環境ですと、1000万とか2000万とか、多い方ですと3000万+株なんていう高額な報酬体系が実際に支給されていたりする企業もありますが、周りを見ている限りそんな環境で長くやっていける方は生まれながらの戦闘民族だけです。

向き不向きがありますので自分に合った環境で、無理せず自分を誤魔化さずに人生を楽しめたもん勝ちですよマジで。

というわけで、早いうちから自分に合った現実的な将来をしっかり見据えているんだなぁと感じられる「大学1,2年生が就職したい企業と理想の年収」のまとめでした。ではでは。

スポンサードリンク

(上記はアマゾンアソシエイトリンクを利用しています。)

おすすめ関連記事

[ 免責事項・お問い合わせはコチラ ]
Copyright © 2018 就職偏差値ランキング委員会 All Rights Reserved