Google入社試験で実際に使われた30秒で適性が分かるゲーム の記事

Google入社試験で実際に使われた30秒で適性が分かるゲームの記事ページです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Google入社試験で実際に使われた30秒で適性が分かるゲーム

さぁ、挑戦!

ルールは非常にシンプルで明快です。これで何の適性が分かるのかはさっぱり分かりません!!

チームワーク?協調性?交渉事の上手さ?などなど色々考えられますが、これ系の面接は何の意味もなかったという結論がくだされ、今ではもう実施されていないと聞きます。

暇つぶしと頭の体操的にどうぞ。


100万円ゲーム

ルール

  1. 知らないおっさんと二人で部屋にいる
  2. あなたは100万円をこのオッサンと分けあうことを命じられる
  3. あなたは自由に分け与える額を決められるが100万円であることをオッサンも知っている
  4. おっさんと直接会話することはできない

条件

  • 提示した額におっさんが納得したら交渉成立 → 二人とも納得した額を持って帰る
  • 提示した額をおっさんが断ったら交渉不成立 → 100万円は没収

あなたはこの状況でいくらの額を提示しますか?


というものだそうです。

個人的にはおっさんが非常に賢いことを期待して「99:1」ですね。面接に受かるつもりならば「3:7~4:6」です。理由はありますが長くなりますので、割愛。

模範解答はなかったので、みなさまも暇つぶしに考えてみてはいかがでしょうか。

【平均年収6000万】ゴールドマンサックスの入社試験問題
アップルの入社試験に挑戦…、簡単なようで難しい
【10秒で解ければ内定!?】インテルの入社試験

スポンサードリンク

(上記はアマゾンアソシエイトリンクを利用しています。)

おすすめ関連記事

[ 免責事項・お問い合わせはコチラ ]
Copyright © 2017 就職偏差値ランキング委員会 All Rights Reserved