就活でついた嘘ランキング の記事

就活でついた嘘ランキングの記事ページです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

就活でついた嘘ランキング

就活は「情報戦」であり、ちょっとした「嘘つき大会」でもあります。

よく言われることですが、「0を1にするのはNG」ですが「1を10にするのはOK」です。


「1を10に盛る」のは『アピール』なのです


物はいいようで、1を10にすることは嘘ではなく『アピール』なのです。たまに0を1以上にしてしまう人もいるようですが、これは証明書の提出を求められると詰んでしまうのでやめましょう。

というわけで、就活でついたことのある嘘ランキングです(複数回答可だったようなので合計値は100%にはなりません)。


  • 第一志望ではないのに「第一志望です」と言った(69.7%)
  • 他社の選考状況を聞かれ嘘をついた(47.7%)
  • 学生時代のエピソードに嘘を混ぜた(31.7%)
  • 選考日程調整の理由で嘘をついた(22.6%)
  • 就活終了を条件に内定を受けたのに、黙って就活を続けた(15.1%)
  • 内定辞退の理由で嘘をついた(10.4%)
  • その他の嘘(1.3%)


どれもこれも可愛い嘘かと思います。これくらいならば全然OKでしょう。


2016年3月卒の大学4年生・理系大学院修士課程2年生1,413名を対象に、就職活動で『嘘』をついた経験があるか、との質問に68.2%が嘘をついたことが「ある」と回答

http://news.mynavi.jp/news/2015/10/24/030/



嘘だろ…!?


ところで、記事によると70%の就活生が嘘つき大会へ参加していたようですが、残りの30%の方はまったく嘘をつかなかったのでしょうか?


話は変わりますが、就活では選考段階で適正・性格テストを受験させられることがあります。

その中には「今まで嘘をついたことがない Yes or No」みたいな設問が大抵ありますが、これは「No」と答えなければ性格に難ありと判定されてしまう有名なひっかけ問題です。

残りの30%の方はきっと「Yes」と答えてしまったのでしょう…。

スポンサードリンク

(上記はアマゾンアソシエイトリンクを利用しています。)

おすすめ関連記事

[ 免責事項・お問い合わせはコチラ ]
Copyright © 2018 就職偏差値ランキング委員会 All Rights Reserved