ソニーの企業研究

ソニーの企業研究の記事ページです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ソニーの評判・クチコミ

QUICK Money World
2017年5月23日

ソニー平井社長、23日経営方針説明会の発言一覧【12:30時点の投資家ニュースランキング1位】

Newsjs JP
2017年5月23日

ソニー平井社長「高収益を持続」 営業利益5000億円は必達 - 日本経済新聞

Mumble_away
2017年5月23日

ソニー平井社長「高収益を持続」 営業利益5000億円は必達 [日本経済新聞]

Mumble_away
2017年5月23日

ソニー社長「課題は映画、イメージセンサー、スマホ事業」 [日本経済新聞]

Mumble_away
2017年5月23日

ソニー、経営方針説明 完全復活へAIなど新規事業が鍵 [注目の経済ニュース - SankeiBiz(サンケイビズ):総合経済情報サイト]

ロイター.co.jp
2017年5月23日

営業利益5000億円、「狙える力ついた」=ソニー社長

スポンサードリンク

ソニーを見た人がチェックしている企業

ソニーの最新ニュース

ソニー、17年3月期は減収減益 PSVR・PS4 Pro販売台数は順調に推移
ログミー
2017年5月17日

ソニー、17年3月期は減収減益 PSVR・PS4 Pro販売台数は順調に推移ログミー営業損益は前年度に減損を計上したことなどから大幅に改善し、390億円の営業利益を計上する見通しです。前年度の減損の影響を除いたベースでは、74億円の増益を見込んでいます。 すでに発表いたしました通り、2004年から13年に渡ってソニー・ピクチャーズを率いてきた 

日本経済新聞
2017年5月17日

ソニーは人工知能(AI)開発を進めるアマゾン・ドット・コムやマイクロソフトなどが参加する業界団体「人々と社会に貢献するAIのためのパートナーシップ」に加わる。グーグルを傘下に持つアルファベットなど米IT(情報技術)大手がAI普及を後押しするために昨年9月に立ち上げた 

ソニーの再参入で注目「有機EL」がいま話題のワケと歴史を紹介
livedoor
2017年5月15日

ソニーの再参入で注目「有機EL」がいま話題のワケと歴史を紹介livedoor有機ELは、1980年代にブラウン管に続く次世代ディスプレイ候補として検討されましたが、量産化が難しく、長らく製品化されることはありませんでした。2007年、ソニーが世界初の11型有機ELテレビ「XEL-1」を20万円で発売。その画質は高く評価されましたが、製造コストの高 

就職偏差値ランキング

[ 免責事項・お問い合わせはコチラ ]
Copyright © 2017 就職偏差値ランキング委員会 All Rights Reserved