飛島建設の企業研究

飛島建設の企業研究の記事ページです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

飛島建設の評判・クチコミ

Harry_Sanada
2017年7月13日

飛島建設、総合建設業の杉田建設興業を買収

日刊建設工業新聞【公式】
2017年7月10日

駆け出しのころ-飛島建設執行役員建築事業本部副本部長・相馬利守氏 良い経験が成長させてくれた

負組投資機関
2017年7月5日

【フィスコ】 飛島建設<1805>のフィスコ二期業績予想(フィスコ)

労働新聞編集部
2017年6月26日

新社長登場/飛島建設・乘京正弘氏「働き方改革、現場を重視」 | 人物 ニュース | 日刊工業新聞 電子版

, and please ignore
2017年6月26日

新社長/飛島建設・乘京正弘氏/技術ベースに事業分野拡大 [2017年6月26日1面]

適時開示速報
2017年5月15日

1805 飛島建設 平成29年3月期決算短信〔日本基準〕(連結) (連結)通期完成工事高 3.48%減1165億1200万 純利益 28.95%減43億4500万 (単体)通期1株当たり配当金3円/株、(…|Mon, 15 May

スポンサードリンク

飛島建設を見た人がチェックしている企業

飛島建設の最新ニュース

【「てこの原理」を応用】飛島建設JVが高槻市役所本館耐震改修で「トグル制振構法」を採用
日刊建設通信新聞
2018年11月24日

【「てこの原理」を応用】飛島建設JVが高槻市役所本館耐震改修で「トグル制振構法」を採用日刊建設通信新聞飛島建設・住光建設・山下設計JVによる高槻市役所本館耐震改修事業が大阪府高槻市で進んでいる。1970年に竣工し老朽化している市役所本館および議場を耐震化するもので、設計・施工一括(DB)方式で発注された。市役所の業務を通常どおり行いながらの工事となり、 

飛島建設、65歳定年制に移行 シニア人材積極活用
日刊工業新聞
2018年11月23日

飛島建設、65歳定年制に移行 シニア人材積極活用日刊工業新聞飛島建設は2019年7月から65歳定年制に移行する。豊富な経験と技能をもつシニア人材が活躍できる場を整備することで、積極的に活用するのが狙い。現在は60歳定年制

「65歳定年制」に移行/飛島建設 2019年7月から/2月にフレックス制度導入
日刊建設通信新聞
2018年11月22日

「65歳定年制」に移行/飛島建設 2019年7月から/2月にフレックス制度導入日刊建設通信新聞飛島建設は、働き方改革の一環として、2019年7月1日から「65歳定年制」に移行する。満65歳誕生月の月末まで総合職・地域職の身分を継続し、安心して働ける場を提供することで、豊富な経験と高いスキルを持つシニア人材(定年再雇用者)が活躍できる環境を整備する。

就職偏差値ランキング

[ 免責事項・お問い合わせはコチラ ]
Copyright © 2020 就職偏差値ランキング委員会 All Rights Reserved